こんな症状があれば、病気を疑って

腰痛と言っても、その症状が様々なのは皆様もうご存知ですね。腰痛になって、「腰痛だからマッサージしよう」とだけ思っていると、腰痛の症状の影に思わぬ大きな病気が潜んでいる事もあるんですよ。

というのも、腰痛になる原因は筋肉が硬くなるからだけではなく、何か病気を抱えているという可能性があるから。

腰痛の症状によってある程度病気の判断は出来ますが、どのような病気と症状があるか、その内容をしっかり把握しておきましょう。腰痛の症状が出る、代表的な病気から紹介しましょう。

椎間板ヘルニア。これになると腰痛の他にもお尻や太もも、足への痛みやしびれの症状が出ます。症状がひどい時は歩行が難しくなるので、病気の程度にもよりますが、医師の指示で治療方法を選択しましょう。

次に腰部脊柱管狭窄症。この病気になると神経が圧迫されので、歩くことで痛み、しびれ、脱力感といった症状が出て、歩き続けることが困難になります。少し休憩すると腰痛の症状が緩和されるのですが、また少し歩くと同じ症状が出てしまいます。

脊椎分離症・すべり症は「腰椎」の一部が切れて分離してしまう病気。分離症です。分離した部分の上の骨が、前に滑ってしまうことがあり、これをすべり症といいます。

すべり症になと、腰痛だけでなく下肢にしびれや痛みなどの症状が出ることがありますありますので、腰痛としびれに長く悩む人は気をつけてみてください

変形性脊椎症では、腰の骨に骨棘というトゲのような骨が増殖したり、椎間板の状態が悪く変化してしまう症状があります。

これで腰痛になるとは言い切れないのですが、進行すると神経を刺激することもあり、下肢のしびれや痛み脱力感といった症状を起こすこともす。

また内臓の病気が腰痛の原因かもしれません。腰痛以外の症状についても意識を向けて下さい。まさしく病気です。

例えば動作に関係なく症状が出たり、腰痛が楽になる姿勢もなく、緩和策が何もないときは要注意です。また、発熱や腹痛など他の症状も一緒に出てくることが多いので、注意が必要です。

腰痛の症状が出る内臓の病気には、循環器の病気、泌尿器の病気、消火器の病気、婦人科の病気など様々です。場合によってはガンになっている可能性もあるので、腰痛の症状に不安があるようならお医者さんに相談しましょう。

病院にを受診して、特に内科的な病気も無く慢性的な腰痛と診断されたら、腰痛の体操を取り入れて、自分の腰を強化することが必要になります。

徐々に腰痛に効く運動を取り入れ、かつ腰に負担の無い運動で、慢性腰痛とさよならをしましょう。腰痛の症状が出ている専門書籍を利用する事がポイントです。そうすれば腰痛の種類や症状についても詳しく知ることができます。

[腰痛改善方法ランキング結果]

第1位 タマゴサミン
平均評価 (9.6点)

第2位 ロスミンローヤル
平均評価 (8.3点)

第3位 きなり
平均評価 (7.3点)

腰痛で悩む人には、ツボ押しもお勧めです。 ツボ押しは、あなたにも簡単に取り組む事が出来ますので、ぜひマスターしましょう。

ツボ押しは、それ自体が職業となり、資格も必要となる程、効果的な改善方法です。 指圧などは、資格を有する人だと、より的確に行ってくれるでしょう。

ショッピングセンターなどのマッサージ店でも、ツボ押しをしてくれるところがありますが、 やはりそれなりの資格を有しているかチェックすると安心ですよ。

ただし、毎日ツボ押しを行うには、通うにも骨が折れますし金銭的な問題も生じますね。

ですから、腰痛に良いとされるツボをあなたがマスターして、 自分で毎日指圧する方が効果的かもしれません。

ツボ押しといっても、その場所は腰付近とは限りません。足や手の甲にもツボは存在しますので、 しっかりとした場所を把握する必要がありますね。

腰痛対策に書かれた本で、著者が整体師の場合は、ツボ押しのレクチャーをしている事があります。 中には特典として、ツボ押しの場所を教えてくれる事もあるようですよ。

このように、人体の勉強をした信頼できる人からの情報を得て、 ツボ押しを始めると良いです。

[腰痛改善方法ランキング結果]

第1位 タマゴサミン
平均評価 (9.6点)

第2位 ロスミンローヤル
平均評価 (8.3点)

第3位 きなり
平均評価 (7.3点)