腰痛の症状から考えると、腰を鍛える体操がいいが、出来ない場合の相談原因・病気の種類

私は17年間宅配業社で働いています。もうベテランです。
働き出してしばらく経つと、長時間の運転、
荷物の積み下ろしや配送などで、
辛い腰痛に悩まされるようになりました。
仕事中はもちろん、夜も眠れない毎日で、本当に参りましたね。
腰の痛みに関していえば80歳のおじいちゃんとまで言われたこの私。
休みの日には、必ずと言ってよいほど病院へ駆け込んでいたんです。
その数なんと、たった3年間で10件以上ですよ。
しかし、治ることはありませんでした。
そこで、自分の力で腰痛を改善する方法を探して、
実際にいろいろと取り組んだのです。

妻に呆れられる程、
ありとあらゆるものを試してきた私だからこそ出来ること。
今回、多くの腰痛対策の中で最も痛みとサヨナラできた改善方法
順位をつけてランキングしてみました!
腰痛で悩んでいるのは、きっと私だけじゃない筈です。
一日でも、一分でも早く腰痛から解放されたい方は
是非参考にしてみてください。

[腰痛改善方法ランキング結果]

第1位 タマゴサミン
平均評価 (9.6点)

第2位 ロスミンローヤル
平均評価 (8.3点)

第3位 きなり
平均評価 (7.3点)

腰痛で、湿布を利用した事がある人は非常に多いでしょう。 整形外科に行くと、必ず処方される「貼るタイプの薬」です。

湿布には、冷湿布と温湿布があります。成分的にはほぼ同じで、 炎症を抑える働きがなされるのですが、違いは患部を冷やすか温めるかという事。

では、どのような時に、これらの使い分けをするのでしょう。

簡単な覚え方としては、急性の腰痛症には「冷湿布」。慢性的な腰痛には「温湿布」です。

なぜかというと、急性の場合は患部がネツを持っていますので、冷やす事が重要となるからです。 しかし慢性の場合は筋肉が凝り固まっていますので、 血行を良くするためにも温める必要があります。

こうして湿布を上手に活用し、患部の炎症をしっかり押さえながら、 並行して腰痛トレーニングを行うと良いでしょう。

医師から運動療法を勧められる日が来ますので、その際は自己流では無く、 しっかりと専門家が書いた本をマスターして、毎日実践する事が必要になります。

女性が書いた本ですと、 無闇に専門用語を並べたてることなく分かりやすい説明がなされていますので、 理解しやすい事と思います。

湿布を卒業する為にも、毎日の簡単なトレーニングを是非行っていきましょうね。

[腰痛改善方法ランキング結果]

第1位 タマゴサミン
平均評価 (9.6点)

第2位 ロスミンローヤル
平均評価 (8.3点)

第3位 きなり
平均評価 (7.3点)