同じ姿勢を続ける人こそ、ツボを押して!

腰痛は、人類が二足歩行する為に必ず起こってしまう病気なのだそうです。ドライバーの仕事をしている私にとっても、腰痛は深刻な問題。そんな辛い腰痛から解放される為に、腰痛とツボにの関係についてお話したいと思います。

腰痛の原因は「腰への負担が大きすぎる」です。二足で歩く人間は、どんなに気をつけていても、寝ている時以外はずっと腰が背骨を支えてくれています。だから私たちの生活そのものが腰への負担が大きく、腰痛に悩む人も多いとか。

特に長時間座り続ける人や、中腰の姿勢で仕事をするような人に、腰痛は起こりやすいんですよ。ドライバーである私こそ、まさに腰痛になりやすい環境が整ってるなあ(笑)

そうして長時間同じ姿勢をしていると、腰にある筋肉は背骨を支えるために緊張しっぱなし、血液の流れが滞りやすくなった結果、腰痛となって現れてくるのです。

ですから腰痛を緩和するには、この滞った血液の流れを良くしてあげれば良いのです。ツボを指圧することよって腰の筋肉の緊張をほぐすと、腰痛は楽に!

ツボというのは体の表面上にあって、鍼灸治療などで病気の診断や治療のポイントとなる「点」のこと。ツボは、医学的には経穴と呼ばれます。ツボは体に、約350個もあると言われてるんですよ。

筋肉疲労が原因と考えられる腰痛には、 こうしたツボを指圧によって刺激することで筋肉の緊張が緩和されて、腰痛に効くのです。

ツボを指圧することで筋肉の緊張が解かれ、血液の流れがよくなれば、自然と腰痛も楽に感じます。その後は、ツボ押しによって緊張が緩和した状態をしばらく保つためにも、横になるのがベストだとか。

ですので、普通にツボを押しても効果はありますが、寝る前なんかに腰痛のツボを押すと、もっと腰痛に効果的でしょう。

ただ腰痛のツボを押す時には注意すべき点があります。ひとりでツボを押しているとツボの場所がなかなか分からなくてあちこち押したり、心地よい刺激に、つい押す時間が長くなってしまったりするんです。

腰痛のツボを押す時間の目安は、一箇所につきだいたい1分以内、全身でもだいたい20分程度です。それ以上長く押していても、次第に感覚が麻痺してしまってせっかくツボを押した腰痛への効果も薄れてしまいます。

また、回数は朝と晩の1日2回がオススメですよ!

腰痛に効くツボをしっかり押せば、自分でツボ押しをしてもかなり痛みが緩和できて腰痛が楽になります。ですが、ツボだけではなく、腰痛対策を毎日行う事は必須。専門書籍が手元にあれば安心ですよ!

日常生活の中で腰に負担をかけすぎた動きをしていないか、注意して減らせる負担がないかチェックしてみることも大事です。また、ひどい時はきちんと病院にかかることも大事ですよ。

[腰痛改善方法ランキング結果]

第1位 タマゴサミン
平均評価 (9.6点)

第2位 ロスミンローヤル
平均評価 (8.3点)

第3位 きなり
平均評価 (7.3点)

ゴルフをたしなむ人の中には、 腰痛で悩む人も多いようです。 ゴルフはスポーツですから、一種のスポーツ障害といえます。

ゴルフは、腰痛の原因としてよく挙げられます。 というのも、ゴルフというスポーツ自体が、腰に負担をかけやすいものだからです。

ですから、今からゴルフを始めるという方や、 すでにゴルフを楽しんでいるが腰痛にはなっていないという方は、 腰に負担を掛けない工夫をこらすとよいでしょう。

腰痛になっては、ゴルフを楽しみ続けることが出来ませんから、 予防としても知っておく必要があります。

さて、ゴルフの動きそのものが腰に負担をかけますので、 前後に取り入れるとよいものがあります。簡単にご紹介しますね。

それは、ゴルフを始める前に腰椎ストレッチを行うことです。 腰のストレッチを行うことが、柔軟体操になり効果的です。 普通の準備運動より、はるかに腰の痛みを防げますのでお勧めです。

腰痛体操(腰椎体操)は、腰痛対策本にしっかりと紹介されています。 まだ腰痛には悩まされていないから・・・と思わず、 腰痛に悩まされないために手に入れることをお勧めします。

この腰痛対策本に紹介されているストレッチ方法は、最も腰に負担を掛けず、 しかし腰をリラックスさせる効果を持ちます。

ゴルフを始める前に、ぜひ腰痛用ストレッチを実践してみてください。 ひょっとするとスコアが伸びるかもしれませんよ。

[腰痛改善方法ランキング結果]

第1位 タマゴサミン
平均評価 (9.6点)

第2位 ロスミンローヤル
平均評価 (8.3点)

第3位 きなり
平均評価 (7.3点)