辛い腰痛に、お灸でツボ刺激がやっぱりキク!

腰痛を改善する方法として、ツボを刺激するのは有名ですね。指圧や鍼などがありますが、お灸を使ってツボを温めるという方法もありますよ。

ツボを温める事で腰痛の痛みが緩和できるなら、家庭でもお灸をやってみたいなぁとは思いませんか?今回は腰痛のツボに効く、お灸についてのお話です。

さて「お灸」と言っても、最近の若い人にはピンと来ないかもしれませんね。昔は「お灸をすえるよ!」なんて怒られたもんです、その頃腰痛無かったんですけど(笑)まあそれだけ、昔の灸は熱くて痛かったんですね。

でも今は薬局などで手軽に買えますし、気持ち良い温かさのものや、火を使わないお灸まで販売されてるとか。

何がツボに効くのかというと、それはずばり「熱」。熱を発生させ、腰痛の部分を温めることで、まず血の巡りが良くなり筋肉をほぐします。

そして熱は、腰痛に効くツボに刺激を与えるので、気の流れも良好に。緊張した筋肉をほぐし、ツボへの刺激で腰痛も改善するってわけです。

熱を使って腰痛を治す、という事にはとても意味があります。というのも、人間の体というのは弱ってくると冷えてくるんですね。ですから体が冷えている人には、鍼や指圧でツボを刺激するより、ツボにお灸をすえる方が腰痛に効く場合もあるんです。

腰痛のツボを刺激するのにお灸を使うメリットは、方法が簡単であること、コストが低いことです。

デメリットは火を使うこと、煙と臭いが出ることでしょうか。やり方によってはツボなどお灸をすえた所に跡が残ってしまったり、下手すれば、火傷のおそれも。

家庭で腰痛のツボを刺激するなら、まずは台座型ワンタッチ灸が良いでしょう。使い方は簡単。火をつけて腰痛に効くツボの上に貼り付けるだけなんです。

後はツボの周辺が熱くなるまでそのままにしておいて下さい。お灸の火は台座の部分に達すると、自然に消えます。熱くなったら台座の部分を持ってお灸を取り除き、水が入った灰皿等に入れて、しっかり消火しましょう。

熱さを感じた時点で腰痛のツボへの効果はありますので、お灸が熱くなったら、腰痛の為と我慢せずに取り除きましょう。熱いのを我慢して続けても、火傷になるだけで腰痛への効果は認められませんので無理は禁物です。

腰痛がツボを温める事で完治はしませんし、もちろん腰痛を根本から治す為には生活習慣の見直しと身体のリニューアルが欠かせません。ですが、まずは今感じている腰痛の痛みを緩和させるには、お灸は手軽に役立ってくれます。

うまく利用して腰痛の改善に役立ててみてください。腰痛体操などと併用すると、楽に改善方法を実践できる事でしょう。

[腰痛改善方法ランキング結果]

第1位 タマゴサミン
平均評価 (9.6点)

第2位 ロスミンローヤル
平均評価 (8.3点)

第3位 きなり
平均評価 (7.3点)

ゴルフをこれからもずっと楽しみたいと思われるのでしたら、 腰痛の予防に力を入れる事が大切になるでしょう。

腰痛の予防には、様々なアプローチの仕方があります。生活習慣を改めることもその一つです。

ですが、ゴルフをする人の腰痛の予防には、 やはりプレイ中の姿勢を正すことが最も大切になります。 ゴルフクラブを大きくスイングすることで、あの小さなボールを飛ばすのですから、 腰には思ったよりも負担がかかっているのですね。

最初の腰痛の予防として、まずはスイングの姿勢を身に着けることがあげられます。 口で言うのは簡単ですが、身に着けるまでには時間がかかるかもしれませんね。

ですから、次に大切な腰痛の予防は、プレイ前後のストレッチということになります。 入念に行えば、軽い体を手に入れる事が出来ますし、何より腰痛の心配は減るのです。

最後の腰痛の予防は、腰椎トレーニングで腰周りにしっかりとした筋肉をつけることです。 筋肉が腰についていることによって、多少の負担にも耐えられるというわけですね。

このように、腰痛の予防には、一般の人の腰痛予防とは一味違う点がいくつかあります。 スイングの姿勢などは、プロの指導にお任せすると良いですが、 その後の予防法はあなたの行動力がものをいいます。

ぜひ、腰痛対策本を手に入れてください。一日でも長くゴルフを楽しみ、 少しでもスコアを伸ばすためにも役に立つのではないかと思います。

[腰痛改善方法ランキング結果]

第1位 タマゴサミン
平均評価 (9.6点)

第2位 ロスミンローヤル
平均評価 (8.3点)

第3位 きなり
平均評価 (7.3点)